ホリスティックな癒しのセッションで用いられる各種セラピー・ヒーリング その種類と特長について

メール ホリスティックヒーリング ユニーク アイ
対面・スカイプ・Zoom・電話セッション

ホリスティックな癒しのツール  各種セラピー・ヒーリングの種類と特長

> セラピー各種 もっと詳しく


> ヒーリング各種 もっと詳しく


> それぞれのセラピーの違いはどこに…?


> ホリスティックセラピーに戻る

セラピー各種  ホリスティックな癒しのために

ホリスティックセラピーのセッションで用いる代表的なセラピーについてご紹介致します。

緑の円形アイコン ライフレビュー   対面・スカイプ・Zoom・お電話

ライフレビュー
の特長
人生をゆっくりと振り返り、かけがえのないその方の人生の物語を自由に語っていただくことで、 心に引っかかっている未消化・未完了の出来事や辛かった体験が癒され、解放が促されていきます。 また、最良の時や輝かしい体験を振り返り、そこからパワーを受け取って、現在と未来の糧とすることが出来ます。
どんなことを話すのか、どんな言葉で語るのかは自由であり、お話になりたくないことをお聴きすることはございません。
ライフレビューは、回想法という名称で主としてご高齢の方向けに行われることが多くなっておりますが、 元々は、心を癒すセラピーとして始まったものです。私どものライフレビューは、全ての世代の方を対象としております。セラピー的な介入をご希望の場合は、ライフレビューセラピーしてセッションをさせていただきます。
こんな時に… ・過去の体験を受け入れることが難しい
・後悔や罪悪感、自責の念がある
・過去の辛い出来事の意味を考えて癒したい
・これまでの人生を見つめ直して新たな出発への区切りとしたい
・将来に希望を持てない
・これで良かったのだろうかと思うことがある
・親子やパートナー、職場などの人間関係を癒したい
・セラピーはしたくない
その他        > ライフレビュー さらに詳しく

緑の円形アイコン ナラティヴセラピー   対面・スカイプ・Zoom・お電話

ナラティヴセラピーの
特長
その方の人生の専門家はその方であるという前提に立ち、敬意と対話によって進めるセラピーです。「人間が問題ではない、問題が問題である」という言葉が、ナラティヴセラピーの中心となる姿勢です。ナラティヴセラピーは、傍からみていると、クライアントの方とセラピストとが普通に対話をしていて、カウンセリングをしているかのように見えるかもしれませんが、実は緻密に構成された質問を用いて、体験や出来事や対人関係などに対する文化的な影響と解釈を見つけ出し、これまでに気付かなかった視点やとらえ方へと導きます。セッションでは、特別な何かを持ち込んで使うということはなく、自然な対話で進んでいきますので、違和感なく受けていただけると思います。
こんな時に… ・解決する方法がわからない
・自己嫌悪や自己否定がある
・耽溺、困った習慣、人間関係のもつれ
・特殊な方法を使いたくない
・普通に会話をするだけで難しくないのがよい

緑の円形アイコン イメージワーク   対面・スカイプ・Zoom・お電話

イメージワークの
特長
楽な姿勢で座るか、マッサージテーブルに横たわり、通常の意識の状態で、イメージを受け取り、広げていきます。イメージには、癒しと解放を助け、自然治癒力を動かす力があります。心に浮かんでくるさまざまなイメージを受け取りながら、傷付いた心を癒して解放したり、現在の思いを確認したり、ほんとうに望んでいることに気付いたりすることが出来ます。 イメージワークは、癒しを必要とする時、不調を軽減したい時、ストレスを解消したい時などのほかに、人生の岐路に立ち迷いを払拭したい時、どうしたらよいか途方に暮れている時、次のステージのヴィジョンを受け取りたい時、探求したいテーマがある時、夢を実現したい時など、目的とテーマによって、さまざまなやり方があります。
こんな時に… ・頭を使い過ぎて疲労している
・右脳的なアプローチが欲しい
・考え続けていても答えが見つからない
・言葉を使わない方法を希望している
・イメージするのが楽しい

緑の円形アイコン エマネーション   対面・スカイプ・Zoom・お電話

エマネーションの
特長
どんな出来事や問題にも、ネガティブな側面とポジティブな側面の両方があります。楽な姿勢でリラックスして、問題となっていることやテーマに意識を向けて、イメージを使って、その背景や深層にある意味や要素、新たな方向性などに気付いていきます。 イメージを受け取る点は、イメージワークと似てますが、エマネーションのセッションでは、よりフォーカスして問題・テーマに対する見方の幅を広げていかれるように促します。
こんな時に… ・頭を使い過ぎて疲労している
・右脳的なアプローチが欲しい
・絶望感、悲観、あきらめ
・長期に渡る問題を抱えている
・言葉を使わない方法を希望している

緑の円形アイコン N.L.P のセッション   対面・スカイプ・Zoom・お電話

N.L.Pの
特長
N.L.P(神経言語プログラミング)は、自己啓発やキャリア向上などに使われていることが多いですが、元々は、卓越した心理臨床家であるミルトン・エリクソン、ヴァージニア・サティア、フリッツ・パールズらの成果の研究から生み出されたものです。その方の中に全てのリソースがあるという前提に立ち、イメージと言葉を使って進めます。通常の意識で、椅子に座って行います。トランスを使わずに深層心理にはたらきかけ、否定的な感情や癖、行動などの変容を促します。
こんな時に… ・楽に癒したい
・右脳的なアプローチが欲しい
・感情の状態を変えたい
・辛過ぎる体験や直視したくない出来事がある
・イメージするのが得意である

緑の円形アイコン E.F.T のセッション   対面・スカイプ・Zoom

E.F.Tの
特長
E.F.Tは、わずかな時間を使って、どなたでも簡単に行うことができるうえに、心理的、身体的、霊的など広範囲のテーマに用いることが可能なテクニックです。使うのは、指と言葉のみ、人体の経絡と経穴に関連する数か所のポイントをタッピングすることで、不要な感情や思考パターンを解放したり、身体的な不調にはたらきかけたりすることが出来ます。椅子に座った状態で、セラピストの説明を聴きながら、ご自分にタップをしていきます。小さなお子さんやペット、障害のある方、言葉を話せない状態の方には、代理セッションを行うことが出来ます。いずれの場合も、セラピストがクライアントの方のお体に触れることはございません。
こんな時に… ・楽に癒したい
・忙しくて時間が作れない
・怒り、悲しみ、不安などの感情を手放したい
・食べ過ぎや喫煙、悪習慣を変えたい
・辛過ぎて思い出したくない出来事がある
・言葉やイメージを使いたくない

緑の円形アイコン フォーカシング   対面・スカイプ・Zoom・お電話

フォーカシングの
特長
身体の声に耳を傾け、言葉で言い表せない感覚に気付き、その感覚と共にワークを進めていきます。日頃、頭を酷使して思考ばかりしていたり、ご自分を顧みず他者やお仕事のために忙殺されていたり、身体感覚から切り離されてしまった状態がある時、ゆっくりと身体に意識を向けて、身体と丁寧に対話をしていくと、ご自分の中心に立ち戻り、心のコリがほぐれ、癒されていくのを感じることが出来ます。イメージや言葉よりも、身体感覚による主観的な気付きを大切にします。セラピストがクライアントの方のお体に触れることはございません。
こんな時に… ・忙しい毎日が続いて消耗している
・自分の心や身体から意識が離れてしまっている
・マインドを越えた気付きが欲しい
・不調があるが、原因が思い当たらない
・イメージするのが難しい
・言葉で表現するのが苦手である

緑の円形アイコン エリクソン催眠    対面・スカイプ・Zoom・お電話

エリクソン催眠の
特長
天才的な催眠療法家であるミルトン・エリクソンの手法を用いて、潜在意識にはたらきかけ、問題やお悩みにワークしてまいります。催眠療法(ヒプノセラピー)というと、催眠を使うという点が注目されますが、ミルトン・エリクソンは、クライアントの方が催眠に入っていると気付かないほどの、きわめて自然な暗示誘導によって潜在意識にはたらきかける方法を取りました。彼が巧みに用いたメタファーには、その方にとって重要な意味合いや二ュアンス、ひらめきと気付きを受け取って、変容をもたらすパワーがあります。リクライニングチェアまたはマッサージテーブルでくつろいでいただき、言葉を使って進めます。催眠に違和感のある方にも、楽に受けていただけるでしょう。
こんな時に… ・潜在意識に興味がある
・自分の心がわからない
・マインドを越えた気付きが欲しい
・催眠には少し不安がある
・楽に癒されたい
・問題に直接ワークをしたくない

緑の円形アイコン ヒプノセラピー    対面・スカイプ・Zoom・お電話

ヒプノセラピー
の特長
言葉による暗示を使って、日頃は意識できない潜在意識の領域にアクセスします。潜在意識は、これまでの全ての体験データを蓄積している巨大なデータベースのようなものであり、そこには知恵や解決へのヒントも眠っています。今、その方に必要なイメージや役立つイメージを受け取りながら、本当の気持ちに気付いたり、問題の核心部分や相手の言動の意味を理解することが出来ます。リクライニングチェアまたはマッサージテーブルでリラックスしていただき、イメージと言葉を使って進めます。ヒプノセラピーで使う催眠は、ごく浅いものであり、通常、その方が受け入れられないイメージは現れませんので、安全なセラピーと言えるでしょう。
こんな時に… ・潜在意識に興味がある
・本当の気持ちがわからない
・マインドを越えた気付きが欲しい
・過去のトラウマを癒したい
・未来の自分に会いに行きたい
・インナーチャイルドを癒したい
ご注意 ヒプノセラピーには、まとまったお時間が必要となります。
       > ヒプノセラピー さらに詳しく

緑の円形アイコン 退行療法・多次元セラピー    対面・スカイプ・Zoom・お電話

退行療法・
多次元セラピー
の特長
時間軸を遡って過去の時点に戻ったり、時間を巻き戻して未来を訪れたり(順行)するセラピーです。問題やお悩みの起源に戻り、なぜその問題が起こったのか? 本当はどんなことが起こっていたのかを再体験しながら理解し、浮上させて解放し、癒します。催眠を使って潜在意識にアクセスするところは、ヒプノセラピーと共通していますが、多次元に渡る意識時空を自在に移動して、深い探求と気付きを受け取ります。多次元セラピーはトランスパーソナルセラピーですので、輪廻転生、カルマ、魂の計画、エネルギーの相互的な作用や憑依的な作用などについても理解が深まります。多次元セラピーには、胎児期への退行、前世療法・過去世退行療法なども含まれます。
こんな時に… ・潜在意識に興味がある
・トランスパーソナルな世界観に共鳴する
・マインドを越えた気付きが欲しい
・原因不明の不調を癒したい
・なぜ生まれてきたのかを知りたい
・転生を越えたつながりや絆を探求したい
ご注意 退行療法・多次元セラピーには、まとまったお時間が必要となります。
       > 退行療法・多次元セラピー さらに詳しく

緑の円形アイコン アートセラピー・マインドリリース   対面・スカイプ・Zoom

アートセラピー・
マインドリリース
の特長
言葉を使わずに、色彩や造形、オブジェの配置などによって、心の風景を表現します。心に引っかかっている棘のような感覚、消化できない体験、こじれてしまった人間関係などを、自由に表現し、癒し、手放せるようにワークしていきます。表現に対してジャッジすることはございませんので、絵を描くのが得手か不得手かということは問題にはなりません。芸術的であるか否かも気になさることはございません。通常の意識で、椅子に座り、実際に手を動かしながら行っていきます。辛い体験や出来事の細部につい語りたくない場合には、お話いただかなくてかまいません。
こんな時に… ・嫌な体験や不快な感情について話したくない
・過去を思い出したくない
・言葉では言えない苦痛や不調がある
・苦しみを再体験するセラピーは避けたい
・色彩に癒されることがある
・自分の世界観を大切にしたい
・ジャッジされたくない
その他        > アートセラピー・マインドリリース さらに詳しく

緑の円形アイコン コンステレーション のセッション   対面セッション

コンステレーション
の特長
過去の体験や人間関係のもつれを癒したい時、周囲の環境や人と人との相互作用などを視野に入れ、システムとしての作用に注目するのがコンステレーションです。コンステレーションとは、星の配置、付置という意味があります。一般的にコンステレーションは多人数によるワークショップの形式で行われますが、私どものセッションでは、コンステレーションのために考案された人形を用いて、お一人でワークしていただけるスタイルを採っています。直感やインスピレーションに導かれながら、パズルのピースがはまるように心がほぐれていくかもしれません。心の深層にあるその方にとって真実を、人形の配置によって目に見える形にしていきます。
こんな時に… ・辛い体験の細部について話したくない
・過去を思い出したくない
・言葉では言えない苦痛や不調がある
・親子・親族・人間関係で悩んでいる
・心の世界を目に見える形にしたい
・自分の世界観を大切にしたい
・プライバシーを守りたい
・興味があるが大人数のワークショップには行きたくない

緑の円形アイコン フラワーエッセンス   対面

フラワーエッセンスの
特長
植物の癒しといえば、アロマセラピーが普及していますが、フラワーエッセンスは、お花の成分そのものではなく、その独特のエネルギーを水やブランデー、酢酸などに転写したものです。エネルギーというと、つかみどころがないように感じられるかもしれませんが、フラワーエッセンスには長い歴史と伝統があり、エドワード・バッチ博士によるバッチフラワーエッセンスをはじめとして、海外や国内にさまざまなブランドがあります。数多くの種類の中から、その方の問題やテーマに適したエッセンスを選び、舌下に数滴、服用して使うことで、心身のバランスの回復が促されていきます。副作用などの心配なく、楽に使っていただけます。
こんな時に… ・楽に癒したい
・セラピーはしたくない
・感情の状態を変えたい
・苦しい体験や直視したくない出来事がある
・トラウマを癒したい
・自分を変えたい、変わりたい

ヒーリング各種  ホリスティックな癒しのために

ホリスティックな癒しのセッションで用いる代表的なヒーリングについては、 サイドメニューの「ヒーリング」ページにて、詳細をご覧いただけます。

それぞれのヒーリングには、特長があり、使うエネルギーや進め方が異なります。

どのヒーリングがよいのかわからない時、迷っていて決められない時は、 メールまたはお電話にて、お気軽にご相談いただければと思います。


          > ホリスティックセラピー に戻る


          > お問い合わせ・アクセス

それぞれのセラピーの違いはどこに…?   背景・特長・比較・類似点と相違点

ホリスティックな癒しのセッションで用いるセラピーには、それが生み出された背景と特長があります。
お互いによく似ているものについて比較をしてみると、それぞれのメリットが分かります。次の点に着目してセラピーを選択する際のご参考にしていただければと思います。

セラピーが開発され、誕生することとなった経緯
背景にある考え方、世界観、人間観
何を使って進めていくか

セラピーの違いとは…?

具体的に例を挙げてみましょう。

緑のアイコン 物理次元的な世界観、トランスパーソナルな世界観

緑のアイコン 通常の意識で行うか、変性意識(トランス)を用いるか

緑のアイコン 顕在意識にはたらきかけるか、潜在意識にワークするのか

緑のアイコン セラピストが言葉を使うのか、使わないのか

緑のアイコン クライアントの方が言葉を使って話すのか、無言でいるのか

緑のアイコン イメージや視覚化を使うのか、使わないのか

緑のアイコン セッション中に体の動きがあるか、静的な状態であるか

緑のアイコン 身体に触れることがあるのか、エネルギフィールドにワークするのか

緑のアイコン クライアントのリソースを使うのか、それ以外の何かを使うのか

わかりやすく単純化して書きましたが、実際には、たとえば言葉を使うとしても、
どの程度使うかは異なりますし、また一口に変性意識といっても、
トランスの深度には、それぞれ違いがあります。

また、問題の原因にフォーカスする手法もあれば、
そうではなく、むしろ問題以外の部分に目を向けたり、
解決や未来にフォーカスしたりするものもあります。

こうした違いを知らずに、その方に合わない手法を選択してしまうと、
セッション中、またはセッション後に、不快感が湧いてきたり、
落胆したりすることになってしまうでしょう。

        > 催眠療法とヒーリングの相違点 もっと詳しく

相性が良くその方に受け入れられるセラピー・ヒーリングを選ぶ

ホリスティックな癒しのセッションでは、カウンセリング、傾聴、各種セラピー、各種ヒーリング、
コーチング、セミナーなど多種多様な選択肢の中から、ご提案し、選んでいただいております。
複数の手法を組み合わせることもございます。

その理由は…

その方と相性の良いセラピー・ヒーリング

その方の価値観、世界観に合ったセラピー・ヒーリング

その方のお悩みや問題、探求したいテーマに適したセラピー・ヒーリング

…であることを重視しているためです。

セラピーが、不快で有害な体験とならないために

経験された方もおられるかと思うのですが、セラピー・ヒーリングを受けることが、
時にストレスとなったり、トラウマになったりしてしまうことがあります。

本来、癒すためのツールであるはずのセラピー・ヒーリングが、このようになるとしたら、
たいへん残念なことです。

受けた方に違和感や不信感、拒否感などがあると、セラピー・ヒーリングのプロセス自体が滞り、
またセッション後の経過も思わしくないものとなります。
納得できない、モヤモヤした気持ちや不愉快さ、嫌な気分だけが残る結果となりかねません。

こうした無理や無駄、我慢、不要なストレスの無いセッションこそが 最適なセッションと言えるのてす。

癒しの最重要ポイントは、その方に具わっているご自分を癒す力、変容を起こすパワー(自己治癒力)です。
そして自己治癒力が活性化して動き始めるには、その方の意思と癒しへの姿勢、熱意が不可欠です。

私どもは、その時々の状況や状態、癒しのプロセスの進み具合によって、
その都度、柔軟にセラピーを選択していただけるようにしております。

心身は不可分なもの、心身が癒されていく重要な鍵は、その方のお気持ちです。

納得、安心、癒しへの意欲、未来への希望をもって、癒しへの道のりを楽に歩んでいただけるように
ご提案とご相談、主体的な選択を大切に、サポートをさせていただきます。


           > なぜホリスティックな癒しが必要なの?



             > ヒプノセラピーと退行療法の類似点・相違点



             > このページのTOPへ



             > HOME

ホリスティックヒーリング
   ユニーク アイ


ホリスティックヒーリングユニークアイの画像

ホリスティックヒーリングユニークアイのロゴ
e-mail メールの画像
TEL: 080・5008・7108
(完全予約制)


◇対面・スカイプ・Zoom・電話セッションを承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。
ブログのロゴ