ハートを癒す

先日、あるTVドラマを見ていた時、

奇妙な感じを受けました。

 

あるシーンで、

演じている俳優さんのハートが閉じている…と感じました。

 

胸を打つ感動的な場面だったのですが、

ハートから伝わってくるエネルギーがほとんどありません。

 

その場面の人物の立ち位置や動作、セリフなどの演出、

演じる俳優さんたちの豊かな表情、美しさ、高い演技力などが、

素晴らしいものであっただけに、残念に思われました。

 

ハートを閉じてしまう原因は、さまざまです。

 

たとえば、失恋、愛する人を失う体験、

信頼していた人による裏切りなど。

恥、罪悪感、後悔は、毒素のようなブロックを生み出します。

まだ癒されていない深刻なトラウマなどがある場合も、

ハートは深く傷付き、心を開くことが出来ないままになります。

 

ハートにブロックがあると、

ハートからのコミュニケーションが出来なくなり、

たとえ優しい言葉をかけながら、笑顔で接していても、

どことなく冷たい印象や、

拒絶されているような感じを相手に与えてしまうでしょう。

 

ハートチャクラは、ハイアーセルフとつながる最初の次元です。

別の言葉で言い換えますと、

ハイアーセルフは、第4チャクラ以上に存在しています。

 

ですので、ハートチャクラが機能していないと、その結果、

ハイアーセルフとのつながりも、困難になってしまうのです。

 

7つの主要チャクラのうち、

下位チャクラである第1チャクラ、第2チャクラ、第3チャクラから、

より上位のハートチャクラ、それ以上のチャクラとのつながりが断たれ、

主として下位チャクラだけで生きる状態となります。

 

下位チャクラは、下位と言ってもそれぞれ重要な役割を果たすものですが、

生存、安全、感情、パワーなどのみによって機能する状態では、

不都合なことが起こりやすいのです。

 

愛や思いやり、共感が失われ、

サバイバルや安全、パワーなどに基づく人間関係がメインとなり、

心の交流や、愛情のこもったあたたかいふれ合いに

乏しいものとなるでしょう。

 

幼い子どもたちや動物たち、エネルギーに敏感な方は、

言葉を交わさなくても、その違いに気付かれると思います。

 

愛には、さまざまな種類があります。

 

本能的な愛、愛する愛、利他的な愛、

自己愛、無私の愛、無条件の愛、

万物への無限の愛(オムニラブ) など。

 

人の愛の中で、次元の高い愛は、

コントロールやジャッジメント、エゴ、駆け引きなどが

一切入り込むことがなく、見返りを求めない自発的で純粋な愛です。

 

ハートチャクラを癒すことは、

日常生活や人間関係を、愛にあふれる豊かなものにするばかりでなく、

ハイアーセルフとのつながりを回復させます。

 

さらにはその方に本来具わっているはずの

高い次元の愛が、活性化されることを促します。

 

それは、ハイアーセルフのような愛です。

 

その方のハイアーセルフが、無条件にその方を愛するように、

その方も、他者や世界を、

楽々と無条件に愛することが出来るようになる…と

想像してみて下さい。

 

トラウマや失恋、裏切りなどの辛い体験を癒すことは、

ハートをひらき、ハートからの愛を表現することになり、

きわめて意義深いことなのですが、

実はそればかりではありません。

 

ご自分のハイアーセルフとしっかりとつながって、

最高最善の可能性を生きる選択が出来るようになり、

さらなる成長や進化にも、たいへん役立つことなのです。

 

ハートを癒し 高次の愛を活性化するヒーリング

コメントの入力は終了しました。