スピリチュアルケア一覧

人生会議で話し合えないこと

人生会議のテーマには、本人の気がかりや意向、価値観や目標なども含まれますが、誰にも言えなかった複雑な問題や確執は、ご家族などに負担をかけたくないという配慮が働くこともあるでしょう。人生の最期になってからでなくもっと早い時期にご自分を癒し重い荷物を下ろす方が、解放は楽に進み、その後に得られる収穫も豊かなものになります。

自分らしさって何 ? 人生の危機を越えて

アイデンティティが揺らぐほどの危機的な状況に陥らないと、なじんでいる環境やポジション、思い描いていた未来をいったんリセットしようとは思わないものです。少しの不満や物足りなさがあっても、安定を捨てることは出来ません。苦しみや停滞のあとに、心から望んでいることや自分らしい生き方、在り方、働き方が、パワフルに出現してきます。

心残りが辛過ぎて…

シニア世代となってから、あるいは死が視野に入ってから、心残りに気付いて愕然としたり、取り返しのつかない焦燥に陥ることがないように、あなたの人生にとって大切にしている信念や、かけがえのない誰かに関わることで、何か心に引っかかることがあるならば、先延ばしにしないで光を当てて向き合い、癒し、解放することができるでしょう。

犬の生まれ変わり ペットロスを癒す

言葉では言い難い愛着を覚えたり、在り得ない偶然が重なって出会えたペットが、よく知っていたあの子なのでは…? と感じたら、潜在意識にアクセスしてイメージの世界でその子に会いに行くセッションはいかがでしょうか? 最愛のコンパニオンアニマルを亡くして悲しみや罪悪感などに圧倒されている時には、今、どうしているのか様子を確かめ…

スピリチュアルペインを癒す方法

スピリチュアルケアを特に意識していない時代から、生きることの本質や人生の意味を問うテーマでのセッションが少なくありませんでした。その方の世界観、信念、信仰などを受け入れ尊重することは何よりも大切であり、もしもそれを受け入れておられるならばご希望に応じて前世療法をしています。前世療法による2つの収穫についてお伝えします。

宗教ではない立場からのスピリチュアリティを

現代日本のホスピスではキリスト教や仏教など宗教関係の方々の尽力で多くの方々が救われてきたことは間違いありません。宗教的な導きが終末期の方にとって良いものであるならばよいのですが、そうではない方もあるでしょう。宗教や宗派を越えた上質なスピリチュアリティがあれば、その方の心をとらえ支える力となり得るのでは…と思っています。

スピリチュアルペインは終末期だけでなく…

トラウマ的な体験や挫折、リストラ、我が子の死、自然災害など人生には何が起こるかわかりません。その方にとって比類なく大切な存在が脅かされ破壊された時、実存的な危機が訪れます。スピリチュアルペインは死の間際だけのものではなく、いつでも生じる可能性があるということになります。スピリチュアルペインを癒すことも同様です。

人生のスピリチュアルペインを癒す

私どもの2つの種類のスピリチュアルケアとは、人生のスピリチュアルケアと終末期のスピリチュアルケアです。人生のスピリチュアルケアとは、人生におけるアイデンティティーの危機、自分の存在意義に対する問いかけ、懐疑、生きる意味の喪失、死への怖れや不安など、どんな方にも起こり得る深刻な状況とスピリチュアルペインを癒すものです。

望むことをすべて尊重するエンディング

外出好きな高齢女性がある時から急にどこへも行きたくないとおっしゃり、周囲は心配して懸命に色々な場所へお誘いしました。けれどもその方は受け入れず、間もなく亡くなりました。人生の終焉を迎えて立ち止まりゆっくり過ごしたいと思われること、様々な思いを振り返り整理すること望まれるならば、それを全て尊重して差し上げたいものです。